メイク用品

メイク用品

なんで女性だけメイクをしなければならないのでしょう。

出かける前に毎度毎度思う事ですが、このメイク用品にも、地味にお金がかかるんです。

下地は4000円くらい、ファンデーションなんて6000円するし、チークも4000円くらい、リキッドファンデーションも6000円だし、

リメークパウダーは5000円くらいだったかな?あとはマスカラにアイライナーアイブロウ、リップにグロスまでそろえたら、30,000円はかるくいってしまいます。

女性にとっては痛い出費だし、給料日前にファンデーションがなくなった日には、コンビニコスメに手を出すしかありません。

今のコンビニコスメも質があがってきているので、緊急事態にはなかなか便利なものになっています。

しかし、なぜ女性はこんなにもメイク用品にお金をかけるのでしょうか。

メイク用品というのは直接肌に付けるものですから、やはり合う・合わないが出てくるのです。

私も今まで何度も変えてきましたが、「これだ」と思えるメーカーが見つかると少々お値段が高くても購入せざるをえないのです。

それだけで済めばいいのですが、年齢が変わったり、季節が変わったり、体調が悪かったりすると、購入時に「これだ」と思ったメイク用品が全然合わないなんて事もあります。

こうなるともう一度購入を考えなければなりません。なので、女性の方なら一度や二度経験があると思いますが、購入したものの、2~3回使って終わったというメイク用品って、

結構あると思うのです。そのメイク用品達はどうなるかと言うと、そのまま引出の中で眠ってしまうか、兄弟や友達へ譲るしかありません。

最近、セットで15,000円はするだろうと思われる基礎化粧品を頂きました。

「高いからもったいない、自分で使えばいいのに」と私が言うと、使いたいけどどうしても肌が荒れてしまうというのです。

こればかりはどうしようもないことは分かっているので、ありがたく頂く事に。

私も肌が荒れるかもしれないと心配になりましたが、全然荒れる事もなく重宝しています。

自分に合ったメイク用品探しは、私が女性でいる以上一生ついてまわるものだと思っています。

メイク自体はやっぱりめんどくさいと思いますし、メイク用品の出費は痛いなと思う気持ちに変わりはありませんが、

なぜか化粧品売り場に行くとワクワクして時間を忘れてしまうのは、女性ならではなのかもしれません。

メールアプリ

最近流行っている無料通話ができるメールアプリですが、私も気に入っていて今はもうメールは使わずに、すべてこのアプリで用事を済ませてしまいます。

しかしこのアプリ、便利は便利なのですが少しやっかいな面もあります。

私が一番困っていることと言えば、どこで会話を終了させていいか分からないところです。

メールだとそのうちなんとなく終っていくのですが、このアプリだと会話の全文がみえてしまうので、会話の終わりが見えてこない気がするのです。

しかもリアルタイムにやりとりが出来てしまうため、相手からもすぐに返事が来てしまいます。

時と場合によっては凄くありがたいのですが、家事をしながらとか、仕事をしながら、テレビをみながらだと全然進まなくなってしまいます。

時々スタンプと呼ばれるイラストだけを送ってくる人もいますが、あれの意味が良く分かりません。

何か用なのか、それともただ暇なだけなのか?なにせイラストだけなのでそこから意味を予測し、適切であろうイラストだけを私も送ります。

するとそこから火がつき、気がつくと1時間以上もイラストだけで会話する事もありました。

もちろんその間はずっと携帯を手から離す事は出来ません。何かしたくてもイラストだけなのですぐに返事が返ってきてしまい、トイレまで携帯を持ち込む羽目になりました。

とりあえずここは友人が気がすむまでつきあおうと決め、お風呂へ入りたくとも我慢し、最後までやりとりをした結果、夜中から急いでお風呂へ入り、明日の準備をし、

急いで就寝なんて事も多々あります。無視すればいいんじゃない?と思うかもしれませんが、不思議とこのアプリはなぜかそれが出来ないのです。

携帯依存症なんて言葉がありましたが、このアプリを使用するときだけ、本当に携帯依存症になってしまったかのように、携帯が気になって気になってしかたありません。

こういう時に、やっぱりメールにしとけば良かった!と後悔するのですが、なかなかメールを使わなくなってしまったせいか、メールがめんどくさいと思うようになりました。

これって、立派なアプリ依存だと思うのです。

何かに依存しやすくなっているのが現代人ですが、やはりどんな便利なものには多少の不便さはつきものなんだと思ってしまうのでした。